准看護師と看護師の違い

准看護師の資格とはどんなもの?看護師との違いについて

ちがい

准看護師とは都道府県知事が交付する免許です。

 

2年間准看護学校に通い、准看護師資格試験に合格すると准看護師になれます。

 

おもに病院や介護施設が働ける場所となります。

 

お仕事の内容は看護師さんとほぼ変わりません、ですが若干お給料が安かったりします・・・。

 

 

准看護師 看護師
免許の違い 都道府県知事が発行する 厚生労働大臣が免許を発行する
法律の違い 医師、歯科医師または看護師の指示の下、医療行為を行う者 傷病者もしくは褥婦(じょくふ…出産後の女性の意)に対する療養上の世話、又は診療の補助を行うことを業とする者
給料の違い 平均月収28万円 平均月収32万円
キャリアアップ 看護師を目指す 助産師、保健師、専門看護師、認定看護師、看護学士

 

准看護師と看護師の仕事の違いはあまりないといわれています。

 

准看護師だからしてはいけない業務というのはないかと思います。

 

そこには、労働内容は同じなのに、上下関係が最初から存在しています。

 

保健師助産師看護師法には「准看護師は医師、歯科医師または看護師の指示の下、医療行為を行う者」という文言が記載されています。

 

ですから准看護師が出世すること(主任や師長)は難しいでしょう。

 

こんな条件が嫌な方は看護師を目指せばいいかと思いますし、
全然気にならないというのであれば、
准看護師として働く事になんの問題もありません。

 

准看護師として勤務して、やっぱり看護師を目指したいと考えたのなら道は開けます。

 

 

私は社会人が准看護師資格を取らずに、看護師になる事は難しい(狭き門)だと思います。

 

社会人から看護学校に合格するには、
社会人枠(倍率がものすごい)、
もしくは、一般入試を受験して、
現役高校生と同じ土俵で合格を勝ち取るしかありません。

 

准看護学校の受験は中学校卒業程度の試験となり、
勉強から離れていた社会人でも、合格はそんなに難しくはありません。

 

准看護師になると、
・看護師を目指す
・准看護師としてすぐに働きたい
・准看護師として働いたのち看護師を目指す
看護師になるための選択肢が広がることと、就職に困らない資格の強さを得る事ができます。

 

ちなみに私のクラスで一番多かったのは、
准看護師免許を取り、さらに2年間看護学校に通い看護師免許を目指す選択です。
(系列の看護専門学校の受験です、准看護学校で学んだ事が試験科目になります、不合格者はかなり少なかったと記憶しています。)

 

 

もうだいぶ前から准看護師は廃止されると言われ続けているのに、
いまだに医師会の反対により廃止にはいたっていません。

 

もしこの後准看護師が廃止される方向に動くとするならば、
社会人の方はとくに、准看護師免許を取っておいたほうがいいのではと思います。

 

万一准看護師が廃止された場合、
社会人から看護師になるのは狭き門になるのではないかと思うからです。
(おそらく准看護師は廃止されないと思います。)

 

 

いろいろ書きましたが、
何も資格をもたずに働くよりは、例え上下関係が存在するとしても、
0から ⇒ 准看護師は大きなステップアップになるはずです。

 

少しでも働きたい気持ちがるなら、目指して悪い資格ではないと思います、挑戦してみて下さい!