准看護師 廃止問題

准看護師は廃止されるのか?されないのか?

はいし

准看護師を目指す方が気になる事の1つは、
准看護師廃止問題ではないでしょうか?

 

准看護師の誕生と廃止問題
1951年(昭和26年)に准看護師は誕生しました
1945年(昭和20年)に終戦し増える病院に看護師の数がおいつかず、高校を卒業しなくても取れる資格として准看護師は生まれました。

 

その後時をへて、レベルの高い看護師の要請を望む看護協会と、
幅広い働き手を必要とする医師会の間で「准看護師廃止に関する問題」は生まれました。

 

 

そして2012年6月神奈川県が「准看護師養成を停止する」と発表しました。

 

ここに書かれている記事を読んでいると様々な事がわかります。

 

 

神奈川県准看護師停止

 

 

准看護師制度を廃止するには

 

「准看護師制度の廃止には保健師助産師看護師法を改正する必要がある」と書かれています。

 

法の改正をしないと准看護師を廃止する事はできないという事です。

 

准看護師の免許は都道府県知事が発行するので、
都道府県単位での停止はありえるという事ですね。

 

 

資格をもっている准看護師さんの立場は?

 

准看護師で看護師資格を取得しようとする方への支援を検討していきます。

 

 

現在准看護師として働いていますが、県内では働けなくなるのですか?

 

今回の県の対応は、新たな准看護師の養成を停止しようとするものであって、
現在准看護師として働いている方がそのまま准看護師として働くことを制限するものではありません。

 

 

現神奈川県の知事である黒岩祐治氏は、
もともと准看護師制度に反対の立場であったそうです。

 

そして神奈川県の医師会は、
准看護師の入学停止を2015年まで延長することでこれに合意しました。

 

2015年から後は、神奈川県では准看護師養成所への入学はできないという事ですね。

 

いきなり看護学校を目指すことになると、社会人の方の入学は難しくなりそうですね。

 

高校レベルの試験をクリアしなくてはならないし、
流れとしては若い看護師を育てたいという印象を受けます。

 

これから先他の県も続くようだと、
准看護師を廃止するという法の改正もありうるかも知れせん。

 

 

私はもしも准看護師が廃止された場合、
免許を剥奪されるような事は絶対ないと思っています。

 

神奈川県もそう示しているように、
准看護師から看護師になりたい方のために、
なんらかの支援が行われるのではないかと思うからです。

 

看護師は海外からも受け入れをする程人材不足の職種です。

 

約38万人いる准看護師に対して、
強制ではないにしても看護師の資格を取らせる方向に進むのではないでしょうか?

 

 

今から准看護師を目指したい社会人の方は、
廃止になる前に(多分廃止にはならないと思いますが)
准看護師の免許を取得しておくべきだと思います。

 

万一廃止された場合、看護師になることが社会人にとって狭き門になると思うからです。

 

准看護学校の受験は中学校卒業程度の問題が出題されますが、
看護学校の受験には高校卒業レベルの問題が出題されます、
現役の高校生が断然有利となります。

 

だから廃止されるからとか躊躇しないで、
悩んでいるなら早めに受験して免許を取得しておくべきだと思います。

 

 

今のところ神奈川県以外で准看護師の養成を停止する都道府県はでてきていません、
今後も何かありましたらお知らせしたいと思います。