准看護師 目指す

29歳で准看護学校を受験しました

めざす

私が准看護学校を受験したのは29歳の時です。

 

県立の看護学校と、医師会の准看護学校の2つを受験しました。

 

県立の看護学校のほうは友達に誘われて受験したのですが、ものすごい倍率で2人とも落ちました(泣)。

 

友達はそこで看護師はあきらめましたが、
私はその後准看護学校を受験しました。

 

 

何故看護師を目指そうと思ったのかというと、
単純に手に職が欲しかったからです。

 

受験をする前の年まで、家族が長期入院をしていました。

 

病院に通う機会が増えて、そこで看護師さんが働く姿を目にしていました。

 

あ〜こういう職業いいな〜って思って見ていました。

 

決して白衣の天使に憧れたわけではありません、
ただキビキビ働く姿が印象に残っていました。

 

その後、家族も退院して自分の時間もできた時、
ずっと働ける安定した職業である看護師について調べ、
そこから社会人でも受験できる准看護師に興味をもちました。

 

県立の看護学校を受験したのは友達に誘われたからです、
最初は准看護学校1本で受験するつもりでした。

 

長年勉強から離れていて、きちんとした就職もしていなかった私は、
社会人枠で看護学校に合格することは非常にハードルが高いように感じていました。

 

 

こんな感じで私の受験のきっかけは、
看護師さんの働く姿と安定した職業への憧れでした。