准看護師になる方法

准看護師になる方法と手順

はる

准看護師になるためには、
都道府県知事が交付する准看護師資格を取得しなければなりません。

 

准看護師資格を取得するためには、
2年間准看護学校で勉強しなければなりません。

 

 

准看護学校の受験資格は中学校卒業している者です。

 

条件はこれだけのところがほとんどだと思います。

 

ですから学科試験は中学校の内容が出題されます。

 

 

そして、年齢制限も設けていない学校がほとんどだと思います。

 

事実私が通っていた准看護学校の最高齢の方は、50歳で合格した方だったと記憶しています。

 

この方はその後2年課程の看護専門学校にも通い看護師として就職もしています。

 

 

社会人から准看護学校を目指す方が多いのは、
受験資格が幅広くて学科試験が難しすぎないのも大きな理由だと思います。

 

 

准看護師を養成しているのはほとんどが地域の医師会です。

 

医師会は長年准看護師の廃止を反対する立場をとっています。

 

准看護師という働き手を必要だと考えているからだと思います、
その理由の1つは看護師より安く雇えるからだとは思いますが・・・。

 

 

そしてこれは合格後先生から言われた言葉ですが、
社会人の方は真面目に勉強に取り組む方が多いので、
学校としてもどんどん合格してほしいのだそうです。

 

 

これから准看護学校を受験しようと考えているみなさん、
まずは自分が受験できる学校を知る事から初めてください。

 

自分の住む地域から通える学校を探し、パンフレットを取り寄せ、
試験の内容などを見てから戦略をたてましょう。

 

社会人であるからという理由で、躊躇する必要は全然ありません、頑張って下さい。