准看護師の進学

准看護学校を卒業後看護学校へ通い看護師資格を取る

しんがく

准看護学校で2年間学び准看護師資格試験に合格し、
晴れて准看護師となった新人准看護師ですが、
ほとんどの方は看護師を目指して進学します。

 

准看護師資格を持つ方が通える、
看護進学課程と言われる専門学校を受験します。

 

准看護師が看護師になるための学校の事を、
進学課程や第2看護学科と言います。

 

看護専門課程で学び看護師国家試験に合格できれば看護師資格を取得できます。

 

医師会の准看護学校を卒業した方だと、
おもに系列に進学課程の看護学校があると思うので、
そこを受験する方が多いのではないでしょうか。

 

ストレートで准看護師資格試験・看護師国家試験に合格できれば、
合計4年間で看護師の免許を手にできます。

 

 

社会人 ⇒ 准看護学校 ⇒ 准看護師免許取得・・・准看護師として働ける

進学課程の看護学校 ⇒ 看護師免許取得・・・看護師として働ける

 

 

金銭的な問題などでストレートで進学課程まで進めなくても、
数年間准看護師として働いてから進学課程を受験することも可能です。
(進学課程の試験は准看護学校で学んだ事が出題されます。)

 

また、准看護師の免許で十分と考える方は准看護師として働けます。

 

合計10年間准看護師として働いた経験があれば、
通信の学校で学び看護師になる事も可能になります。